CONTENTS

English

地の塩社ストーリー

乙女の柔肌水


 
 

地元山鹿の温泉水を使用したみずみずしい化粧水。
お肌に潤いとキメを与える6つの保湿成分と温泉水をブレンド!
さらに、しっとり感アップの米発酵液配合でもちもちのお肌へ導きます。
お顔にはもちろん全身ローションとしてもお使いいただけます。


内容量 200ml


地元山鹿温泉(さくら湯)の温泉水を配合



昔のさくら湯
山鹿の市街地中心部に位置した木造「さくら湯」は、今から約250年前の宝暦13年(1763年)の山鹿町絵図に、
当時の細川藩の御前湯、御次湯、外湯、馬立として記録されていますが、市民温泉としての体裁が整い始めた
のは明治3年(1871年)の大改装後のことです。 

平成の解体前のさくら湯
当時の山鹿では、内風呂のある家庭はまだ珍しく、さくら湯は単なる公衆浴場の役割を越え、老若男女を問わず
山鹿市民の大切なコミュニケーションの場であり、山鹿の旦那衆(企業家達)には一日の仕事の前の清めの場
として、子ども達には勉強・遊びの場などとして、市民から様々に愛されていた建物・空間でありました。
また山鹿の元湯といわれる歴史ある温泉で、まろやかな湯は「乙女の肌」とたたえられる自慢の湯です。

山鹿温泉の元湯『さくら湯』甦る。(平成24年11月23日開湯)

 

6つの保湿成分

グリセリン
昔から使用されている植物油脂から得られる保湿成分です。

コメ発酵液
千代の園酒造

(熊本県山鹿市)で作られる純米酒を使用しています。

サクラ葉エキス
サクラ属ソメイヨシノの葉から抽出したエキスです。

シコンエキ
ムラサキ科植物ムラサキの根から抽出したエキスです。

ヒアルロン酸Na
肌にうるおいを与えます。
※人間の肌に、もともとある成分です。

加水分解ヒアルロン酸
従来のヒアルロン酸の1/100サイズ。
角質層のすみずみまでしっかり浸透。

第52回全国推奨観光土産品審査会において、全国的に優秀な
観光土産品として『乙女の柔肌水』認められました。

 

乙女の柔肌水 150ml

HOMEへ 著作権について プライバシーポリシー サイトマップ ページの先頭へ