CONTENTS

English

地の塩社ストーリー

家庭用洗浄剤シリーズ

 

過炭酸ナトリウム100%の酸素系漂白剤です。衣類の漂白やシミ抜き、キッチン用品の除菌・消臭などに
お使いください。

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム100%)   内容量 500g

 

 

洗濯槽は一見きれいで掃除の必要性を感じません。しかし数か月すればたくさんのカビや汚れが
発生しています。洗濯後の衣類に黒いカス、白いカスがついていたら洗濯槽の裏側はすごい状態
になっています。定期的に酸素系漂白剤でのお掃除をしましよう!! 

 

 

1.洗濯槽に何も入っていない状態を確認し、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)とお湯を準備します。
お湯10Lに対して酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)100gが目安の分量です。

 

2.洗濯槽にお湯を入れる。(お湯の温度は40~50℃くらい)
※洗濯機によって耐熱温度が違います。取扱説明書を確認のうえ、温度を調節してください。
 

3.酸素系漂白剤を入れる。酸素漂白剤(過炭酸ナトリウム)がお湯に反応してシュワシュワと発砲音が
聞こえてきました。
50Lの洗濯槽であれば、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を500g使用します。

 

 

4.洗濯機をまわす。洗いのコースで20分ほど洗濯機をまわします。
1~2時間放置してください。「汚れがひどそう」と思ったら、つけおき時間を長く置いてください。
酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)が洗濯槽にこびりついたガンコな汚れを分解します。

 

5.1~2時間放置すると、洗濯槽に潜んだ汚れがこんなに浮き上がってきます。
シュワシュワの発泡音が聞こえなくなったら酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)の効果も落ちます。

 

6.浮かんでいる黒カビや水あかなどの汚れを網ですくってください。
※ゴミをそのまま排水してしまうと洗濯機の故障の原因になるので、必ずすくい取りましょう。

 

 

7.ゴミとりネットの中も黒カビや水あかでいっぱいに。きれいに取り除きましょう。

 

8.排水する。網ですくいきれなかったゴミがこんなにたくさん。
すすぎの前にゴミを取り除いてください。

 

9.水を洗濯槽の高水位まで入れ、「洗い」⇒「すすぎ」⇒「脱水」を行ってください。
汚れが気にならなくなるまで、「洗い」⇒「すすぎ」⇒「脱水」を繰り返し行ってください。

 

 

10.乾かす。洗濯機のふたを開けた状態にして、洗濯槽を自然乾燥してください。
酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)で、1~3か月に1回程度、定期的に洗濯槽の掃除を行えば

ピカピカな状態を保てます。

 

※こんな時は洗濯槽が汚れているかも??
洗濯をした後なのに洗濯物に黒いカスや白いカスがつく。
洗濯槽には黒カビ、水あか、石けんカスなどの汚れが潜んでいます。
酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)で洗濯槽の掃除を行って下さい。

 

 

 衣料用の用途

 

○衣類の黄ばみ、黒ずみ予防・・・洗濯機に洗濯用石けんと一緒に投入して洗濯する。
◎使用量の目安・・・水30Lに対して、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を30g


○コーヒー・紅茶・緑茶・果物・草の汁・調味料・汗ジミ・血液などのシミ抜きに
◎使用量の目安・・・水2Lの湯(30℃~50℃)に対して、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を10g
※血液のシミには、湯の温度は30℃~45℃。(温度が高くなりすぎると血液が凝固するため)
15分~30分浸した後、水でよくすすぐ。

 

○衣類の除菌や除臭・・・赤ちゃんの肌着、おむつの除菌・除臭
◎使用量の目安・・・2Lの湯(40℃~50℃)に対して、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を15g
15分~30分浸した後、水でよくすすぐ。
 

 台所用の用途

 

○調理用品の漂白・除菌・除臭
・ふきん・おしぼりの漂白・除菌・除臭
・まな板、食器、ボール、生ゴミ入れ、ザルの除菌・除臭
・茶しぶの漂白
◎使用量の目安・・・2Lの湯(40℃~50℃)に対して、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を15g
15分~30分浸した後、水でよくすすぐ。
浸けただけではとれない茶しぶは、柔らかいスポンジなどで軽くこする。

 

 

 

  お弁当箱の除菌・除臭   スポンジの除菌・除臭   まな板の漂白・除菌   三角コーナーの漂白・除菌・除臭
 

 

“NHKのためしてガッテン” 梅雨を快適に!いや~な部屋干し臭 一発解消特集で、
 地の塩社の酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)が紹介されました!
 

2017年6月14日(水)午後7時30分から放送。


酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)の有効活用法を2つご紹介!

☆ 洗濯物が少量の場合は“つけ置き除菌”がおすすめ ☆
① 40℃のお湯を入れたバケツなどに、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を投入して溶かす。
② ニオイの気になる洗濯物をつけ込む。
③ 15~20分ほどつけ込んだ後、普通に洗濯をする。

☆ 洗濯物がたくさんある場合は“洗濯しながら除菌”がおすすめ ☆
① いつも通り洗濯の準備をする
② 洗濯機に洗剤を投入後 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を投入
③ 規定量の40℃のお湯を注ぎ入れる
④ 通常通り洗濯を行う。


※ 注意点
※ 酸素系漂白剤は洗濯槽クリーナーの役割を果たすため、洗濯槽が汚れたまま洗濯を行うと
  洗濯槽の汚れが衣類に付着します。必ず洗濯槽の掃除を行った後、お洗濯をしてください。
※ 漂白剤は50℃を超える熱いお湯で使用しないでください。生地が傷んでしまう場合があります。
※ 酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を混ぜるのは危険です。絶対に行わないでください。
※ 洗濯機-や漂白剤は製品に書かれている使用上の注意を守ってお使いください。

 

 

 

HOMEへ 著作権について プライバシーポリシー サイトマップ ページの先頭へ