feature

その他成分について

2020 09.06

【 手指消毒用 】アルコール(エタノール)の使い方・使用量!

 

インフルエンザや新型コロナウイルスなどの感染症対策として、定着してきました「アルコールでの手指の消毒(洗浄)」。

いつもの手洗い後、落としきれなかったウイルスやバイ菌の除菌・洗浄や外出先で手が洗えない時の除菌・洗浄に効果的に働きます。

 

しかし、いくらこまめに手指消毒用アルコールを使用しても、

 

適切な量と方法で消毒・除菌・洗浄を行わなければ、

 

感染症対策として不十分な結果となります。

 

 

 

こんなときにアルコール!

・水道が使えないところで「ご飯・おやつ」を食べる前後に。

 

・買い物の前後、いろいろな商品を触った後に。

 

・ごみを触った後に。

 

・いろいろな作業をしていて手を洗う時間がない時に。

 

・鼻をかんだ後、咳やくしゃみを手で押さえた時に。

 

・ペットを触った後に。

 

・スポーツの前後に。

 

このように手指消毒用アルコールは、いろいろな場面で活躍します!

 

 

 

 

アルコール消毒液の正しい使い方

 

1.手指消毒用アルコールを入れた容器から、ゆっくりと3~4ml程度(500円玉程度)をこぼれないように手のひらにとります。

※使用量は、手の大きさによって異なります。

 

※擦り込みを行う15~30秒の間に乾かない量が適量になります。

※3mlに満たない量でこぼれる場合は、途中で追加しながら行ってください。

 

 

 

2.爪の間も意識して、指先によくすり込みます。

 

 

 

3.手のひら全体によくすり込みます。

 

 

 

4.指の間にもすり込みます。 シワの間も注意して行います。

 

 

 

5.親指にもすり込みます。

 

 

 

6.手の甲にもすり込みます。

 

 

 

7-1.手首にも十分すり込みます。

 

 

 

7-2.食品工場や医療現場等の場合、必要に応じて腕や肘までのばします。

※手洗いの時、腕や肘まで洗っている場合に限る

 

 

 

 

8.アルコール液が乾燥するまですり込みます。

あるいは、清潔なハンドペーパー(ハンドタオル)やティッシュ等で拭き取ります。

 

 

 

9.手荒れがある・乾燥が気になる場合、ハンドクリームを塗ります。

手荒れが進むと菌が滞在しやすくなるため、ハンドケアも大切です。

※調理などハンドクリームを塗ることができない場合を除きます。

 

 

 

 

※工程の途中で乾いたら、適量を追加して行ってください。

 

※目安の時間は、15~30秒間です。

 

※お子様がお使いの際は、必ず保護者監督の下で使用してください。

 

 

 

 

 

【 指定 医薬部外品 】

手指消毒用 エタノール液( 76.9 ~ 81.4 vol%)日本製 発売中

たっぷりお得な「 5L 」業務用(詰替え)

 直営通販サイト(送料別・税込 5,830円) ⇒ こちらをクリック

 ※高濃度(アルコール濃度70%以上)日本製・医薬部外品の大容量としては、最安値圏!

 

 

「 100ml スプレー」携帯タイプ

 直営通販サイト(税込 660円) ⇒ こちらをクリック

 Amazonの販売ページ(税込 660円) ⇒ こちらをクリック

 

※上記、指定医薬部外品は、危険物扱いのため沖縄・離島への発送は不可となります。

 

 

 

 

 

アルコール63% クリーンローションCS  5L(詰替え)

特に手荒れが気になる方へ、ヒアルロン酸配合 アルコール洗浄ローション

 

 直営通販サイト(送料別・税込 5,280円) ⇒ こちらをクリック

 ※さらにお得な10Lもあります。(送料別・税込 9,130円) ⇒ こちらをクリック

 

 

 

<トイレ・雑貨用> 除菌アルコール 5L(詰替え)

 直営通販サイト(送料別・税込 5,280円) ⇒ こちらをクリック

 

 

 

 

 

ラビング法(ウォーターレス法)とは

上記で説明しましたアルコールでの手指消毒を手術前に行うことで、手の表面に付着した通過菌の除去および、皮膚常在菌の減少(表面にいる常在菌の削減が主目的)を目的にしたもので、2002年にCDC(Centers for Disease Control and Prevention:米国疾病予防管理センター)が発表した「医療現場における手指衛生のためのガイドライン」において推奨された方法になります。

 

もちろん手術時は、通常の石鹸での手洗い後にアルコールでの擦式剤(擦り込み式)で消毒を行います。

手に付いた汚れは、石けんによる手洗いでしっかり除去し、落としきれなかった細菌・ウイルスをアルコールを使用して消毒するという考え方です。

 

また、ラビング法以外には、

スワブ法(清拭法)という消毒薬をたっぷりと染み込ませた綿球・ガーゼで拭き取る方法や

スクラブ法(洗浄法)という「4%クロルヘキシジングルコン酸塩」や「7.5%ポビドンヨード」などの消毒剤を配合した洗浄剤を使い、よく泡立てて擦った後、流水で洗い流す方法があります。

 

 

 

 

参考:  アルコール(エタノール)の濃度による殺菌(除菌・消毒)効果について

についての説明は ⇒ こちらをクリック

 

 

 

参考: アルコール除菌スプレーの種類

「消毒用エタノール」「キッチン用アルコール」「トイレ用アルコール」などアルコールっていろいろ種類があります。

その違いについての説明は、 ⇒ こちらをクリック

 

 

 

※画像は、イメージです。

※本ページの説明は、一般的な使い方を述べたものであり、 当社が運営するサイトに記載されています当社製造製品の効果・効能・使用方法を直接表すものではありません。

また、当社以外の製品の場合も、必ずしもここに記載された働き・使用方法とは限りません。 (その他の処方・条件等によるため)

 

一覧へ戻る